薬剤師の転職の準備について

たくさんの種類の中から選んだ仕事は「薬剤師」

たくさんの種類の中から選んだ仕事は、薬剤師でした。
この仕事を選んだ理由は、叔父にたくさんアドバイスをもらうことができたからでした。
叔父は昔からずっと薬剤師として働いており、個人の薬局を経営していたのです。
裕福な生活をしていたことも知っていました。
そのような存在に憧れを持ったので、叔父に薬剤師のなり方について尋ねてみることにしました。
薬剤師になるためには、薬学部を卒業する必要があったので、思い切って大学に入り直しました。
思っていたよりも悪戦苦闘してしまいましたが、勉強したいという強い信念があったので、乗り切ることができました。
それに、友達もしっかりと私のことを応援してくれていたので、あきらめたくありませんでした。
困った時には、叔父にもたくさんアドバイスをもらうようにしていました。
叔父のアドバイスは、本当に参考になりました。
あきらめたいと思っていた時も、アドバイスがあったおかげで、粘り続けることができたのです。
しっかりと私のことをいつでも見守ってくれていた叔父には、今でもずっと感謝しています。
叔父の存在がなければ、学生生活を続けていられなかったかもしれません。
学校を卒業してからは、薬剤師の仕事を探しました。
しっかりと準備をしていたので、すぐに仕事を見つけられることを期待していました。
転職活動は緊張しましたが、すぐに仕事を見つけることができたのです。

英語の教師として生活しながら感じたことたくさんの種類の中から選んだ仕事は「薬剤師」収入も増えて自信がついたことで生活がより快適に