薬剤師の転職の準備について

英語の教師として生活しながら感じたこと

薬剤師 求人 / 薬剤師転職の専門サイト

英語の教師として生活しながら感じたことたくさんの種類の中から選んだ仕事は「薬剤師」収入も増えて自信がついたことで生活がより快適に

日本の大学で英語を専攻していました。
子供の頃から海外に憧れを持っていたので、英語を学びたいと思っていたのです。
学生時代には、オーストラリアに留学しました。
オーストラリアの気候の良さと人々のフレンドリーなところがかなり気に入ったので、もっと長くいたいと思うようになりました。
いつかオーストラリアで働くことを夢にして、日本に帰国しました。
帰国後はすぐに大学を卒業して、英語の教師として、高校で仕事をしていました。
毎日英語を教える仕事は、楽しかったです。
英語が好きだったので、英語を使って仕事ができることは、私にとってとても楽しめるものでした。
しかし、生徒との関係がかなり難しかったのです。
かなり反抗的な生徒もいました。
そのような生徒と良い関係を作ることはとても困難だと感じたので、教師としての仕事に限界を感じるようになりました。
教師としてもうこれ以上働きたくないと思ったので、次の仕事を考えることにしたのです。
留学したいと思っていましたが、お金が十分に足りなかったので、あきらめることにしました。
悔しかったですが、現実を見る必要があったのです。
それに、教師としての給料にも満足していなかったので、もっとレベルアップして収入の良い仕事に就きたいと考えるようになりました。